WEBLOG

読んだ少女漫画の感想とか。
You are currently browsing the コミック category

ちはやふる2巻感想(ネタバレあり)

  • 2015年9月29日 8:31 PM

初の大会

ちはやふるの中で初の大会は団体戦だったんだー。

団体戦ならではの試合の流れというか、かるたはやっぱり集中力が特に必要なためか、実力よりも運や精神的なものに凄く左右されますよね。

そういう私も今日、一人練習している途中で息子から早くやりたいとせかされて、練習を中断して相手したらば・・・詠みが練習の続きからになってしまってたみたいで、30枚分くらい被って詠まれたものだから、決まり字変化がワケ分かんなくなってしまい、お手付きするわ、練習の時の札の配置が残ってるわでグダグダに(T-T)

いつも10枚vs40枚でとってあげてて、それでも5枚差以上つけて勝ってたのに、運命戦まで持って行かれ、息子の陣が詠まれて負けてしまいました。

くっそー、退化していくばかりの脳みそだけど、暗記がんばるぞ!

あ・・・えっと、ちはやふるの試合は、負けちゃったけど新が楽しかったって言ってました。

小学校時代の最初で最後の大会。最初で最後の3人チーム。終わって欲しくない気持ち。負けてしまった事が悲しいのか、終わってしまったのが悲しいのか。色んな気持ちが混ざった千早の涙でした。


一緒にかるたしてくれてありがとう

友達ができるかも、かるたができるかも分からなかった。

友達になってくれた上に、一緒にかるたもしれくれた。かるたを大好きになってくれた。とても短い期間だったと思うけど、新にとってはとても深い絆を感じる事ができたのかな。

でも、もう会えん

私くらいのおばさんになると国外にいる友達もいるし、福井ー東京間くらいで二度と会えなくなるなんて思わないけど、小学生くらいだと正直、世界が小学校の校区くらいしか無いから、とてつもなく離れてしまうと感じるよね。

千早の「かるたをしていれば、きっとまた会える」って、おそらく千早はそういう願望(?)みたいな気持ちで言っただけだと思うんですけど、小学生でその言葉が出るって凄いなって、ある意味ちょっとショックがありました。

難波津に 咲くやこの花 冬籠り 今を春べと 咲くや木の花

千早A級になる!

高校生編がスタート。そういえば、私の高校にもかるた部ってあったな。活動してたのかどうかは知らないけど。

今はちはやふるのおかげで人気があるみたいですが、私が学生の頃は「競技かるた」という言葉は知っていたけど、かるた会とか知らなかったし、友達が小学生の大会みたいなのに出たって聞いて、大会があるなんて知らなかったから羨ましく思った記憶があります。だから、この「ちはやふる2巻」の時は、そこまでメジャーなものでは無かっただろうなって想像できる。

中学時代にかるたやろーって誘っても相手にされなかった千早は、この時すでにかるたが楽しかったのは一緒にしてくれる仲間がいたからだと気づいているところが凄いなぁって思います。

太一と高校で再会して、自分のA級昇級を条件にかるた部に引き込む気満々の千早。

太一に彼女がいるのがショックだった理由が、新にもかるたより大事なものができたのかもって、すでに新の事は一番そばにいたい人なのかなーなんて思わせる雰囲気が出てます。千早に自覚は無いみたいだけど。

かるたやろう太一
仲間がいたら強くなれるから
一緒に強くなろう

福井に行く

新がかるたをやめてしまった事を聞いた千早は新に会いに福井に行きます。

いま 会わないと もう会えない

千早がどんな気持ちで新に会いに行ったのかは、想像でしかありませんが、本当かどうか自分の目で確かめたかったのかな。

千早が新に教えてもらったのはかるたじゃなく新の情熱だったと思うくらいかるたが好きだった新。そんな新がかるたをやめたなんて信じられない。何があったのか知りたい。

一緒にかるたしよう

と、言いたかったのではないでしょうか。

しかし、自転車ですれ違って新だと直感的にわかるなんて・・・千早凄すぎる。てゆうか、自転車乗ってる人をつかむなんて危なすぎるし!二人とも怪我がなかったのは漫画だから、きっとそう。

私は新をかるたの神様みたいに思ってます
会えなければ会えないほど神様になっていくみたいです
新 ときどき会ってかるたをしようよ
神様じゃなくて友達でいたいよ

これは、破かれた千早の手紙の内容だと思ってます。

新に会いたいよ。一緒にかるたがしたいよ。会えないと新を神聖化してしまうから。神様なんかにならないで。そんな遠くに行ってしまわないでってことじゃないかな~。

来てほしくなかった
こんな自分を見せたくなかった
でも会いたかったよ ずっと

新の気持ちも痛いほどわかる。大切な人たちの中で良い思い出の人でいたかったのかな。

でも、会いたかったって思ってくれてよかった。(いや、思ってくれないと話が終わる)

新がかるたに戻るに為は、千早が必要だったんですね。

よかった 嫌われたんじゃない 新はかるたを嫌いになったんじゃない

新がかるたを嫌いになる=千早の事を嫌いになる に脳内変換してる気がします。

千早の脳内はきっと・・・

新にとってのかるた=千早で、千早にとってのかるた=新 なのかな~と。


日本一のかるた部作ろう

太一はここで初めて千早がクイーンを目指している事を知ります。だからかな、千早を夢に近付けるためなのかな?かるた部を作る決心をします。

新はかならず戻ってくるから 強くなってあいつを待とう

正直、この辺の太一の気持ちがイマイチ分かりません。でも、千早の事も大事だけど新もの事も大事なのかな・・・?千早にくっついているだけな気もするし。新がかるたをしないと千早が悲しむし。千早が頑張る事で新が戻ってくる気がする。等々色んな想いが太一の中をかけめぐってる気がします。

あまりにも複雑だから、描きあらわせられないような・・・そんな感じです。


新入部員は古典オタク

かなちゃん登場です。

かなちゃんほど古典オタクではありませんが、私も百人一首の歌は大好きなので、かなちゃんの登場は凄くうれしいです。

百人一首の歌の意味を、今更ながら一つ一つ自分なりに解釈していってるところなのですが、アレですね。歌の世界はすっごくドロドロな気がします。どす黒い感情が渦巻いてる気がします(汗)

でも、五 七 五 七 七にキレイな言葉をのせて詠む事で、素敵な歌になります。

いつの時代も歌というのは、比喩で表現するものなのでしょう。

比喩といえば、清少納言の枕草子もそんな感じですね。平安時代の貴族の生活を比喩で表現しています。


そして、初の団体戦の対戦相手、肉まんくんが同じ高校に!強制的にかるた部入部(笑)

そして、二巻の内容が濃すぎ。本当に濃い内容がキレイに描かれていて、とても読みやすかったし、お腹いっぱいになってしまいました。

少年漫画とかだとこういう濃い内容の漫画もありますが、絵がごちゃごちゃしてたりして、私としては面白いけど読みにくいし疲れるって事が多い。でも、ちはやふるは絵がキレイで読みやすく、読み終わってみると内容がてんこもりであらビックリ!って感じです。

新とまた かるたがしたい
かるたは楽しいよって 仲間がいるのは楽しいよって 伝えたい
「ちはやふる」は 真っ赤な恋の歌なんだ

ちはやふる1巻感想(ネタバレあり)

  • 2015年9月23日 7:51 PM

冒頭

いきなりクイーン戦から始まる。「ちは」が詠まれて(たぶん・・・「ち」しかセリフ無いけど・・・)千早が払う。(ちなみに対戦相手は左利き)

※小学生編が面白かったせいか、最初のこの冒頭場面は1巻を読み終わる頃にはスッカリ忘れていました。


千早と新の出会い

200件の新聞配達順を暗記する小学生なんて・・・それだけで、普通じゃない。新は普通の子じゃないって事で。

千早のクラスは普通にイジメがあってビックリした。クラスみんなで新をハブにするとか。私も親の立場なんで・・・色々思うところあります。自分の子が太一みたいにイジメの首謀者になってたりしたら嫌だな。

千早みたく天然で良いから、一人になってる子の味方になってあげられる子になってほしい。

というか、この状態でよく太一が千早と新の友達になれたなぁ・・・。千早も新もきっと「本当に悪い人はいない」って思ってるタイプなのかな。

太一は完全に千早と新の邪魔する為にかるた始めたような感じ(^-^;)

新が太一に言った「なんかわかる」ってのは、やっぱり「ちはやにだけは嫌われたくない」って気持ちなのかな。


別々の道

太一が遠い中学校に行くことになって、新が福井に帰ることになって、小学校を卒業すると一緒にいられなくなるって可哀相だなー。

特に新は、親に振り回されすぎて本当に可哀相だ。私も親なんで・・・、独身の頃みたいに転居を伴う転職なんてそんな簡単にできないし。

まぁ漫画なので、あえてポジティブにとらえてみますと・・・、ちはやに出会う為に東京に来る運命だったんだよ!きっと!!作者さんもそう演出したかったんだよ!きっと!!


初の団体戦

小学校最後の大会。3人ひと組の団体戦。

ちはやのかるた人生は新との出会いにより始まりましたが、ちはやの競技人生はこの団体戦で始まった気がします。